中央リテール 借入件数

中央リテール 借入件数

  1. 中央リテールのおまとめローンの内容
  2. 中央リテールの審査基準はどれだけ厳しい?
  3. 中央リテールはなかなか借りれないって本当?
  4. 多重債務対応のおまとめローン
  5. 中央リテールの不動産担保ローンの存在

 

 

中央リテールのおまとめローンの内容

中央リテールとは、東京渋谷にある中小消費者金融です。

 

普通の中小消費者金融と大きく違うのは、新規キャッシングができないこと。多重債務者が対象となるまとめローンの商品しかありません。

 

それでいて中小消費者金融?

中央リテールの特徴として、ブラックリスト対応になっています。

 

それが、借入件数は多ければ多いほどよいですし、かと言って5以上の借入件数では借入ができないこともあります。せいぜい4社程度とされていますが、申込者の返済能力がどれだけ高いかによって変わります。

 

ところが、中央リテールでは多重債務で借入件数も多い。その上で、完済能力があれば借りれるという審査内容です。当然4社程度の多重債務者で確実にブラックリストです。

 

他社の借り換えローンの審査落ちは一応審査対象になる。それでいて、中小消費者金融、ブラックリスト対応の借入では、中央リテールのおまとめローンが出来ることでは評判になっています。

 

それでいて厳しい審査

ブラックリスト対応、中小消費者金融の中央リテールですが、なかなか審査に通過しないとの口コミがあります。

 

借入件数が多いブラックリストなら借りれるというのです。おまとめローンおすすめNo1の低金利のおまとめローンです。

 

しかし、安定収入が求められる点で、どのおまとめローンでも同様であり、毎月の返済額が大きくなければならないとされています。

 

 

毎月の返済が大きいということは

それなりの返済が出来るという返済見込みが100%に近い内容が必要です。ですから、属性も正社員であること、個人事業主などは審査落ちになる。完済ができなければならないという審査が厳しい内容です。

 

返済額が大きいほど審査に通る、多重債務の内容身ひどい場合に借りれるけれど、それだけ毎月ガンガンと返済ができることが必要とされています。それだけ、実は返済額も多いけれど、高い収入であることを必要としています。

 

借り換えローンとして低金利の中小消費者金融になりますが、それでもやっと返済ではなく、普通に返せるとのことがなくてはならないです。

 

銀行カードローンは除外

おまとめローンそのものが総量規制対象外の借入です。

 

そこで、おまとめローンができる場合は、もともと総量規制対象外の銀行カードローンの借入は入れることができないと言います。消費者金融やクレジットカードのキャッシング分の多重債務が対象になります。

 

中小消費者金融でブラックリストでも借りれるのですが、借入件数が多いことも条件ですが、安定した高い収入で、完済ができる毎月多額の返済ができなければならない。その時点で、中央リテールのおまとめローンができないと諦める方もいます。

 

 

 

中央リテールの審査基準はどれだけ厳しい?

おまとめローンとは、貸金業法では総量規制対象外の商品です。新規キャッシングでは、総量規制の年収3分の一の範囲内での借入になります。

 

しかし、おまとめローンでは債務者の得になるもので、総量規制対象外とされています。

 

中央リテール

中央リテールとは、このおまとめローン専門の金融業者です。

 

特徴としては、総量規制対象外なわけではなく、金利がとても低いもの。大手消費者金融でもおまとめローンがありますが、それよりも低い場合があります。

 

ちなみに中央リテールは中小消費者金融ですが、低金利の商品として対応しています。ブラックリストも借りれる点では、ありがたいことです。

 

審査規定が少しむずかしい

中央リテールは、東京渋谷にあります。審査では、インターネット申込ができます。そのときに仮審査をするのですが、審査通過で本審査は会社で行うことになります。

 

ということでは、来店での審査になります。インターネットでは全国対応となっているところは多いのですが、中央リテールでは地域限定になっています。

 

会社審査では、必ず会社に平日の昼間に来れる方限定です。会社審査がなくてはならないので、地域限定なので、一部の中小消費者金融になります。

 

借り換えローンとして低金利は良いですが、関東地域限定となっている場合が多いのです。この点で、借入件数が多い中小消費者金融のおまとめローンだと言うのに、中央リテールの申込ができる方も限定されることになります。

 

 

カードローン審査とは違う

中央リテールの本審査では、簡単な内容ではありません。担当者と一からの審査になりますが、一人の審査時間がとても長いことが特徴です。

 

そこで、仮審査では個人信用情報機関の内容ですが、本審査では、詳細なことでなかなか結果がでない。そして、本審査で審査落ちしてしまう口コミがとても多いです。

 

せっかく会社まで行ったのに審査落ちになってしまったということです。理由は不明ですが、借りれるという保証はなかなかできないことも確かです。

 

大手消費者金融のおまとめローンの審査落ちでも中央リテールで借りれる場合があります。ただ、その審査がなかなか大変ということです。

 

ブラックリストでも借りれる

借入件数が多い多重債務者ほど借りれるとか、借入が多いほど審査通過と言います。それだけのブラックリストでも申込ができるのは、多分中央リテールだけ?という場合もあります。しかし、キャッシングができる場合はとても少ないと言います。

 

審査が厳しいと言うのは、多重債務では完済ができるだけの中央リテールならではの審査規定があるといいます。

 

他の中小消費者金融のような審査基準が甘いということはありません。関東以外では、仮審査の時点で審査落ちというのも痛い部分です。

 

 

 

中央リテールはなかなか借りれないって本当?

中央リテールには中小消費者金融にありがちなフリーローンはありません。

 

申込条件は多重債務。しかも、多額の借入件数がとても多いことが必要という特異な中小消費者金融になります。

 

ブラックリストで良いことであり、中央リテールの存在では、甘い審査の金融業者であることが必要です。返済額がとても多い場合でも借りれる点では、大手消費者金融にはない甘い審査が存在しています。

 

甘い審査とブラックリスト

多重債務者と借入件数が多いことが必要です。おかしな言い方ですが、中央リテールではブラックリストでも多額の多重債務であることが必要です。

 

しかも、その返済がきちんと行われている。多重債務の延滞遅滞がないことが必要であり、審査要件は他社と大きく違います。中小消費者金融ではおまとめローンが存在していますが、そのときには借入件数も返済額も小さいほどよいです。

 

ですが、中央リテールでは多いほどよい。そして、きちんと完済ができることが必要、その審査を会社に呼んで担当者と話をすることになります。

 

 

なかなか審査に通らない

中央リテールの口コミでは、甘い審査でブラックリストの多重債務でも申込ができる。しかし、なかなか審査は難しいとされています。

 

その理由として、多額の多重債務ですが、中央リテールでは毎月の負担の金額設定がとても高いことが言われています。

 

まとめローンで金利が大きく低くなる中央リテールの商品ですが、だから返済負担が小さくなるのではなく、かえって高い返済の金額になります。5万円以上程度の毎月の返済がなければならない。このときに毎月に支払い金額が少ないと審査落ちです。

 

要するに、低金利になったから楽できるわけではなく、低金利のおまとめローンになったことで、完済が早くなるという考え方です。フリーローンと性質が違うのですが、多重債務でおまとめローンで完済見込みがない場合では、中央リテールの審査は通らないと言います。

 

収入が高いブラックリスト対応

中央リテールの審査を見ると、単純な安定収入ではなく、高い収入、毎月支払いを高く設定できなければ借入ができないことになります。それがわかると、普通のブラックリストの申込では借りれないことは容易に想像が付きます。

 

そこで、中小消費者金融ですが、敷居が高い審査基準が待っていることになります。はっきりいって、中央リテールの審査では、なかなか借りることができないと思って良いでしょう。

 

審査は毎月○万円以上の返済ができなければならないと明記はないものの、実際には完済見込みがないときには、バッサリと切られることになります。安定収入だけがポイントではなく、返済額が高くななければならないとの現実があります。

 

 

 

多重債務対応のおまとめローン

カードローンでは、総量規制範囲内なら多重債務も可能です。順調に返済ができることでは、支障がない審査です。

 

それでも借入件数は大手消費者金融では3社、中小消費者金融では4社程度が限界とされています。5件以上借入ができている口コミもありますが。

 

この多重債務のときには、おまとめローンの情報がきになるようです。

 

おまとめローンとは?

多重債務が、1つのおまとめローンに借り換えローンとして移し替えることです。1つのローンにすることで、返済箇所が1つになる。多額の借入になることでは低金利になります。元金はそのままであり、金利では上限部分での低さがあるとされています。

 

それが、とても低いことでは、中央リテールがあります。中小消費者金融のおまとめローン専門会社です。最大5社程度までの借入件数でも審査対象になります。それが、総量規制対象外になっていて、キャッシングができることになります。

 

また、中央リテールでは最大13%になっていて、他のおまとめローンよりもお得になります。

 

 

おまとめローン専門ということは

必ず多重債務が審査をうけることになります。それだけの借入をしますので、多重債務分は完済してしまいます。その上で、中央リテールに返済だけをしていくことになります。

 

新規キャッシングができないことでは、すでに借入している分だけの返済です。その上で、金利が低くなっています。返済額が小さくなることを期待したいところです。

 

融資対象のポイント

おまとめローンは、中央リテール以外でも審査基準は厳し目です。

 

総量規制対象外になりますが、完済ができる見込みがなければならない。その点では、新規キャッシング、フリーローンよりは厳しい審査になります。中央リテールも同等であり、完済見込みは会社に呼んで担当者が審査をすることになります。

 

審査内容では、口コミがありますが、人によってはとても時間がかかることがあると言います。仮審査では通過したとしても、本審査では最初から相手にされなかった方もいます。

 

審査では、会社に呼ばれたから、半ば借りれることはないと言います。ですから、遠方からの申込は対応していないことがあります。

 

東京の中小消費者金融ですから、関東地区の申し込みが必要になります。公式サイトではあまりきちんと借入ができない条件はわからないのですが、ブラックリストでも借りれるおまとめローンができることは確かです。

 

多重債務者でも借入件数が多いこと、借入額も多ければ、キャッシングができるかもしれない程度で検討してください。口コミでは、中小消費者金融のような甘い審査ではありません。

 

 

 

中央リテールの不動産担保ローンの存在

中央リテールでは、不動産担保ローンもあります。個人対応の不動産担保ローンでは、主におまとめローンとして利用されることがあります。

 

おまとめローン専門の中央リテールでは、申込者は借入内容は多重債務の分だけであり、新規借入はできません。

 

借入件数は多くても良い

総量規制対象外のおまとめローンでは、中央リテールでは多額でも対応しています。かえって、他のおまとめローン審査落ちでも審査対象になります。

 

問題は、最長10年間で完済ができるかどうかです。10年間完済では、金利が低い商品ですが、それでも返済金額は大変です。

 

低金利のおまとめローンですが、多額の多重債務者でも借りれる見込みがあります。他の消費者金融のおまとめローンでも審査落ちでも良い点ではブラックリストも対応になっています。

 

返済ができるのか?

甘い審査を中小消費者金融というのですが、中央リテールでは、返済額が小さいと審査落ちです。毎月の返済金額が多くなければならないという審査内容です。

 

延滞遅滞がないことは大条件ですが、毎月10万円程度の返済ができることを理想としています。なんとか貸してというよりは、いまよりももっとスマートな審査で、返済をしましょうということです。

 

 

もう中央リテールだけ

中央リテールの契約してしまうと、他のキャッシングもクレジットカードも解約しなければならないです。

 

しかも、完済まで借入ができない状態になります。仕事上でとか、どうしてもという言い訳ができないので、この点では厳しい条件になります。

 

金融機関の借入が完済までできません。そして、中央リテールに対して年間100万円以上の返済できることが条件になります。

 

中小消費者金融?ブラックリスト対応になっているのですが、なかなか厳しいですが、金利が低い点では魅力です。

 

そこで不動産担保ローン

おまとめローンの借入ができない点ですが、不動産担保ローンがあれば、間違いなく完済ができる場合もあります。

 

ただし、どの段階での不動産担保ローンの移行なのかは不明です。口コミでは、おまとめローンの内容が多く、不動産担保ローンの内容はあまりありません。そこで、実際にどうなるか?ということです。

 

東京都内の不動産担保ローン対応になりますが、一応はおまとめローンの審査が続きます。中央リテールでは本審査では会社に直接行くことになります。

 

そのときに、多重債務者が原因で債務整理した方が良い場合もあります。勧められることがありますが、弁護士紹介などは応じないようにしてください。債務整理の弁護士は自分で検索してください。