中央リテール 弁護士

中央リテール 弁護士

  1. 中央リテールの審査後の不審な動き?
  2. 中央リテールと弁護士の黒い関係
  3. 中央リテールが会社で本審査をする本当の理由
  4. 中央リテールの本審査って
  5. 中央リテールの弁護士紹介の実態

 

 

中央リテールの審査後の不審な動き?

中央リテールは東京の中小消費者金融です。他の中小消費者金融と大きく違うのは、商品がおまとめローンと不動産担保ローンしかないことです。

 

新規キャッシングで総量規制範囲内で少額融資が借りれる、ブラックリストでもキャッシングができるというものではありません。おまとめローン専用中小消費者金融として紹介されています。

 

中小消費者金融というのだから

おまとめローンとは、多重債務者が債務分だけの借り換えをするものです。

 

ですから、すでにある債務分だけの借入ができるため、多重債務者でしかも多額の借入金、借入件数が多くなければ申し込みができません。そのときに150万円以上、5件程度の他のおまとめローンでは絶対に審査に通らないとされるブラックリストでなければ借りられないようです。

 

要するに、ブラックリスト対応のおまとめローンしかないと言えます。ブラックリストにとっては、嬉しいのですが、審査は違う意味で厳しいようです。

 

 

中小消費者金融なのに審査が厳しいのはな

ぜ?

上記のように、多額の債務があることを審査条件としています。しかも、大手消費者金融のおまとめローンよりも低金利の魅力が大きいのですが、毎月の返済額もとても大きいのが特徴です。

 

おまとめローンで低金利ですが、毎月10万円近い返済ができなければ借入ができないことになります。これは、ブラックリストだけど、高い収入でなければならないですし、安定収入が確保されなければならないハードルがとても高いことがわかります。

 

東京の中央リテールでは、申し込みは仮審査になりますが、本審査は東京の会社に行かなければならない。この点でも全国対応ではなく、東京近辺の地域限定の中小消費者金融であることで、多くのブラックリストのためリおまとめローンではないことがわかります。

 

そんなに支払いができない

ブラックリストの多くは、この中央リテールの事実がわかると、なかなか審査に通らないことがわかります。そして、1日かけてせっかく東京に行ったのに、仮審査ではウキウキだけど、本審査でNGでがっくりしてしまう方は多いようです。

 

低金利で人を勧誘しておいて、実はそんなに高い返済を迫る。それじゃダメですといわれて、大変でしょうね?これから。中央リテールの担当者は、金融業の有資格者というのですが、債務整理の必要性を言われる、それならわかります。

 

ところが、ある法律事務所に行くように言われたり、いきなり弁護士を紹介されることがあります。きっと良い債務整理ができるからと言われるのですが、これは完全な違反です。良い債務整理ができたとしても弁護士紹介を受けることは絶対しないで下さい。債務整理は自分で選択することが大切です。

 

 

 

中央リテールと弁護士の黒い関係

中央リテールの弁護士の噂では、最終的に紹介されることで話題になっています。

 

中小消費者金融が立場が真反対の弁護士紹介をするというのは、紹介屋として違反行為とされています。納得の行く債務整理ができたとしても、腑に落ちないことになります。

 

債務整理と紹介料

もともと債務整理は、弁護士でなければならないものではありません。多重債務者、債務超過になってしまったときには、自分で行うことができます。

 

最近は、債務専門の弁護士や司法書士も存在していて、ホームページでも紹介しています。相談は無料、簡単診断シミュレーションなどもできますが、このときには弁護士は相談だけの対応で、姿勢的には良かったらどうですか?というものです。

 

債務のときの相談では、そのときの債務の状況と債務整理の種類と弁護が方向を引張るのではなく、提案しているだけです。あとは、債務者が依頼の形ですが、決して強引でありません。

 

依頼したときには、すでに弁護士費用になります。紹介の形があったとしても、サイトで紹介料を取ることはありません。

 

中央リテールの場合

この弁護士が相談に乗ってくれると弁護士の紹介があります。

 

その弁護士が闇ではなく、法律事務所としてホームページもあり、ニセ弁護士でも司法書士でもありません。確かな立場の方ですが、このときに金融業者が弁護士を紹介する。多分中央リテールが、弁護士からの紹介料をもらっているのではないか?との憶測があります。

 

真実はわからないのですが、金融業者と弁護士が結託しているというのは、おかしな話しでしょう。債務整理の必要性のアドバイスは嬉しいです。しかし、この弁護士が借金の相談ができるというのは、余計なお世話です。

 

 

紹介はおかしい

債務整理は自発的なことです。自分で債務を整理したいと言うのが必要なことであり、中小消費者金融、中央リテールの紹介があるというのは怪しいと思って下さい。

 

中央リテールの弁護士の紹介記事は口コミがとても多いです。そのときに、そこからの内容は不明ですが、中央リテールの対応には屈しないことです。

 

仮審査に通ったからと本審査に行くと、弁護士紹介をされる。そのときには、最初から審査通過ではなく、弁護士の紹介のために呼んだとのことです。消費者金融と弁護士との闇の関係が疑われることになります。

 

中央リテールの紹介弁護士は無視

弁護士を紹介されたとしても、無視して下さい。多重債務者で中央リテールのおまとめローンをしたい。他のおまとめローンにはない低金利の商品ですし、魅力です。

 

しかし、仮審査に通過したとしてもウキウキ本審査でも借りれないだけではなく、弁護士で債務整理と言われる。そのときには、無視して自分で弁護士を検索して下さい。

 

 

 

中央リテールが会社で本審査をする本当の理由

中央リテールに関しては、東京のおまとめローン専門業者として、多重債務者にとっては低金利の商品があります。

 

インターネット申し込みができますが、本審査では東京の会社に呼ばれます。ここは全国対応の金融業者ではなく、首都圏近辺の地域限定中小消費者金融です。中小消費者金融というのは、ブラックリストでなければ借入ができないからという理由があります。

 

ブラックリストでなければ借入できないって?

ブラックリストというのは、多重債務者が超ひどくないと借入ができません。多額の借入、多い件数の上で、毎月高額な返済ができることが条件です。

 

そのとき、多重債務のときには全くのブラックリスト。他の借入もおまとめローンも審査落ちになっていることが、審査対象になります。それが、中央リテールでの条件であり、ブラックリストだけど、高収入、安定収入でなければ審査通過がないことになります。

 

ブラックリストだけど高い返済負担ができることができる人。そこまでの情報があり、そうでもないのに呼ばれることがあります。仮審査で通ったので、本審査で会社にくることを言われます。

 

 

待っているのは審査落ち

本審査では、担当者と対峙で話しをするのかと思ったら、いろいろとやっているので、条件を聞いた上でなんとかしてみますとの事務業務が続きます。ですが、訳のわらない理由を付けて、残念ながら審査落ちと言われることがあります。

 

金融庁の許可が必要とか、色々問い合わせがあるなどの口コミがあります。それがあまり納得行かないのですが、審査落ち後で信じられないことが起きます。

 

それが、今度は債務が多いので、このままではダメなので、弁護士に相談した方が良いという。私達は、弁護士を紹介しますと言われて、そのまま名刺を渡されて、電話をするように言われます。

 

ある方は、そこで弁護士登場で、契約させられることもあると言います。これは、弁護士に紹介するために会社に呼んだといえるでしょう。

 

いわゆる騙し

弁護士紹介は、消費者金融では行ってはならないことです。中央リテールでは、仮審査通過で弁護士紹介の口コミが多いです。まとめローン借り換え、低金利商品で客を呼んでいるという内容では由々しき事態になります。

 

ブラックリストしか借入ができないとか、審査落ちの理由ではわけのわからない理由を述べるなど、どうしても弁護士紹介したい演出をしたいらしいです。中央リテールの商品そのものは悪くないものですが、弁護士紹介はいただけない内容です。絶対に乗らないことです。

 

 

 

中央リテールの本審査って 

中央リテールの本審査は会社で必ず行います。ですから、東京の中小消費者金融ですが、地域も限定になっています。低金利のおまとめローン、不動産担保ローンが商品です。

 

借入が多くなければならない

借入件数も多く、キャッシング額も多いブラックリストでなければならない。それは、中小消費者金融だから金融事故があっても借りれるのではありません。

 

多少疑問なのが、どうしてブラックリストしか借入ができないのか?どうして、こんなに多額でなければならないのか?その点から、口コミを確認すると意外な事実がわかってきました。

 

中央リテールの謎

仮審査に通過したのなら、本審査のために会社に呼ばれます。そこで、担当者は他の部屋を行き来して、まとめローンが2件できました。少し厳しい状況ですから、お待ち下さいとの対応です。

 

担当者が直接話しを聞くだけではなく、パタパタと業務をしながら、本審査を行います。違う中小消費者金融では、おまとめローンにしても申込者と一対一での会話をして決めるはずです。

 

しかし、この中央リテール担当者の動きは事務所の中で忙しいです。2件のおまとめローンができました?途中経過なのですが、それって何?という感じです。

 

 

最終的には

色々やりましたが、おまとめローンは審査落ちです。はぁ?なにそれ?今まで何をしていたの?と言いたくなります。

 

いろいろやったのですが、住宅ローンの返済部分で引っかかってしまいました。この理由がとても多いのですが、総量規制範囲内のまとめローン対象なのに、住宅ローンってどういうこと?申込者が金融に詳しいのなら、ぜひ聞いてみて下さい。

 

それが、中央リテールの不審感ですが、普通おまとめローンの審査落ちでは、返済能力がないことが原因です。担当者が判断するはずですが、中央リテールの審査そのものは不明です。

 

ここまでならわかるが

審査落ちなら残念でしたとなりますが、そこで引き止められることが多いです。

 

私達は金融の専門家ですから、今回お貸しできなかったのですが、債務整理の相談に乗りますと話しが変わります。大方ここでは、弁護士を紹介しますから、ここに電話して下さいと何度も言われます。

 

流石に、中央リテールで面談はありませんが、弁護士を紹介してしまうことになります。

 

違法じゃない?

ダークなことですが、弁護士のところに行けという命令ではありません。まだ強制力はありませんが、良いことではありません。「弁護士に相談したら」と「この弁護士のところに相談」と限定的になる点では問題があります。

 

中央リテールはなかなか借入ができないとされています。本審査で呼ばれたとしても、100%の審査通過はなく、弁護士紹介の可能性がかなり高くなることでしょう。

 

 

 

中央リテールの弁護士紹介の実態

中央リテールで弁護士紹介は、整理屋、紹介屋としておなじみです。以前、ブラックリストで多重債務になってしまい、中央リテールに行ったときに、こんなに債務があると審査落ちです。

 

そして、紹介された法律事務所で自己破産した方がいます。それが、1000万円超の自己破産に成功。あの弁護士がすごかったとのことですが。

 

整理屋は大丈夫なのか?

ブラックリスト対応の金融業者では、甘い審査でブラックリストの申込者を歓迎しています。審査します、借りれますと会社に呼んで、弁護士紹介で債務整理を勧めます。はっきり言って、借入ができないのでしょう。

 

紹介された弁護士と金融業者は結託している場合が多いです。それはそれでわからないことですが、問題は費用と弁護士の立場です。

 

中央リテールの例では

過去の例ですが、中央リテールで本審査で会社に呼ばれて、結局は審査落ちになります。そのときに紹介された弁護士は、きちんとホームページもあり、正規の弁護士の場合がほとんどです。

 

悪徳弁護士などではなく、口コミもあるところです。良い弁護士として紹介されるのですが、債務整理依頼では費用がかかります。気になるのはその部分です。高い費用がかかってしまった。

 

 

債務整理の費用は千差万別

現在、法律事務所が設定している債務整理の費用はバラバラです。ですから、中央リテールの整理屋で紹介された弁護士に関しては、高い費用で辟易してしまう場合は悪徳です。

 

それが、案外高いと感じない。1000万の自己破産を50万円程度で完了してしまう場合は、疑う余地もないことは確かでしょう。

 

そこで、中央リテールで弁護士紹介ありがとうで、そのまま債務整理してしまう場合も多いでしょう。本当は、こうした形では不正ですが、実態としては債務がなくなってよかったとの口コミもあります。

 

紹介される弁護士

特定されています。本当は、紹介は良いと思いたいのですが、本来債務整理は自分で決めて下さい。

 

どこが良いかわからないではなく少なくとも消費者金融で弁護士を紹介するというのは、真逆の立場であり、裏があるとみて良いでしょう。中央リテールの弁護士紹介は未だに続けられていますが、紹介されたとしても無視して、債務整理は自分で行うようにして下さい。

 

中央リテールはなかなか借りれない

中央リテールはブラックリストのまとめローンとして低金利の商品になっています。なかなか審査に通らないことで評判ですが、仮審査で通ったと聞いたときに、本審査が大丈夫と思ったら、大半が弁護士紹介のようです。

 

2ch風にいうと、会社に行くと、今からまとめローンを検討しています。審査はあるけれど、途中でなんとかできますとか、頑張っています。それを繰り返して、1時間くらい経つとがっかりした態度で、残念ですが、審査落ちですと言われる。それが完全な小芝居であり、それでは本題の弁護士の紹介されるから注意しなと書き込みがありました。

 

信じるかどうかは自由ですが、この小芝居に付き合ったという人はとても多いです。