中央リテール デメリット 審査 面倒

中央リテールのデメリット|審査は面倒なの?

中央リテールは、多重債務の状態が良くない方がご利用するおまとめローンです。
そこで気になることといえば、おまとめローン審査が面倒なのでは?という疑問ではないでしょうか。
中央リテールの審査について、詳しくご紹介していきます。

 

 

中央リテールの審査はデメリットだらけ?

中央リテールの審査の申し込み方法は、他のおまとめローンと比べると多少特殊感があるかもしれません。
中央リテールの審査申し込みはどのように行っていくのか、詳しくご紹介していきます。

 

ホームページより申し込む

中央リテールの申し込みは、中央リテールホームページからインターネットで行っていきます。
中央リテールのホームページのまん中よりも下の方に「オンラインお申し込みはこちらから」という青いボタンがあるので、そこをクリックします。すると、お申込画面になるので、必要事項を記載して送信します。

 

 

送信後中央リテールから電話が来る

お申込後、中央リテールから電話が来ます。申し込みの際に記載した時間に電話がくるので、安心です。
質問されるので、素直に答えましょう。

 

仮審査

送信された情報と電話での情報を含めて、仮審査を行います。

 

仮審査結果報告

仮審査が終わったら、審査結果が伝えられます。

 

 

本審査

仮審査に通過したら、中央リテールに来店して本審査を受けます。
本審査は店舗に出向く方法しかありませんので、時間を空けて店舗に来店するようにしましょう。
来店した際に、その場で本審査を行います。

 

契約

本審査に合格したら、その場で契約となります。

 

他社の返済を行う

中央リテールの担当者と同行して、他社の借入の返済を全て済ませます。

 

このような流れで、申し込みから契約まで行っていきます。
他社のおまとめローンの審査と違う部分といえば、本審査の際に直接本社に出向かないといけないことです。
中央リテールは東京にある消費者金融ですので、そこまで出向かなければいけません。

 

中央リテールは平日しか営業していませんので、皆さんが仕事をしている同じ時間帯となります。
そのため、店舗に出向く時は、仕事を半休したり休まないといけません。
中央リテールは全国の方がご利用できますが、地方の方は本審査で店舗に出向くのは大変となってしまいます。

 

 

中央リテールの審査は厳しいの?

中央リテールは、他社4件以上の借入がないとご利用できません。
債務状態が非常に良くない人相手ということになりますが、その分審査は厳しいのでしょうか。

 

中央リテールの審査は、厳しい面もあるようですが、それほど厳しくない傾向があります。
厳しいといえるポイントは、あまりにも債務状態が良くない方への対応です。
他社金融の借入件数が4件以上で150万円以上の債務額であれば、審査の対象になっているようです。
これらに該当する人は、審査は余裕で通るかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。
中央リテールの審査方法は、多少のデメリットもあります。
しかし、条件が良くない相手のおまとめローンですので、仕方がないとも言えるでしょう。
多重債務状態が良くない人は、是非1度ご相談してみるといいですよ。

中央リテールのデメリット|審査は面倒なの?関連ページ

中央リテールのデメリットとは?
中央リテールのデメリットとは、契約時に来店が必要、他社のクレジットカードの解約が必要となり、追加借り入れが出来ない、また返済方法は振込のみにしか対応しておらず、即日審査とは限らない点。加えて、審査が通らない場合もあり、そもそもメジャーな会社ではない点などです。
中央リテールのデメリット|評判の高い消費者金融?
中央リテールは闇金では無く、正規の消費者金融です。東京都知事に届け出が出ており、日本貸金業会に加盟済みで、日本信用情報機構にも加盟しています。また、相談窓口では、貸金業務取扱責任者の資格を全員が有しており、安心安全に借入相談が出来るのです。
中央リテールデメリット|どんな債務者でも利用できるの?
中央リテールでの利用者は多重債務者しか利用が出来ません。最低でも4件以上の多重債務者専門のおまとめローンなのです。借金を一本化して返済に特化したい人向けと言えるでしょう。その他初めての借金や、急いでお金を工面したい人では審査に通らないので注意です。
中央リテールにはデメリットが多い?どんな貸付条件なの?
中央リテールでの貸付条件は、融資可能額が500万円まで、多重債務件数が4件以上、返済期間が最長10年で金利が、最高10.95〜13%、保証人や担保が不要で、最短融資期間が翌日となっています。主力商品がおまとめローンですので、多重債務者の最後の砦となるでしょう。