中央リテール デメリット 多い どんな 貸付条件

中央リテールにはデメリットが多い?どんな貸付条件なの?

中央リテールはデメリットが多いイメージをお持ちの人もいるようですが、それは中央リテールが他の消費者金融のおまとめローンとは違うところではないでしょうか。

 

中央リテールは、他の消費者金融のおまとめローンとは、一味違います。
どのような違いがあるのか、詳しくまとめてみました。

 

 

中央リテールのデメリット?貸付条件の詳細が変わっている?

中央リテールの貸付条件の詳細は、このような特殊な内容となります。

 

  • 融資可能額:〜500万円
  • 多重債務件数:4件以上
  • 返済期間:最長10年(120回払い)
  • 金利:10.95〜13.0%
  • 返済方法:元利均等
  • 遅延損害金:20.0%(年)
  • 保証人、担保:不要
  • 最短融資期間:最短翌日融資可

 

このような条件となっており、他のおまとめローンと違う部分といえば他社ご利用分が4件以上じゃないといけないことです。
3件以下のご利用の場合は、中央リテールの審査の範囲とはなりません。
他社ご利用4件以上の件数の多い人向きの、おまとめローンが中央リテールです。
貸付金額の最高も500万円ですので、多くのみなさんに該当する貸付詳細といえます。

 

 

中央リテールの魅力

中央リテールには、このような魅力があります。

 

他社で審査落ちした人でも融資出来た実績がある

中央リテールは対象の多重債務内容がより良くない人向けのおまとめローンなので、他社のおまとめローンの審査落ちした人でも審査の対象となる場合があります。実績も数多くありますので、他社のおまとめローンの審査に落ちた人には必見のおまとめローンです。

 

主力商品がおまとめローン

中央リテールは、主力商品がおまとめローンです。

 

他社の場合主力商品は一般的な融資が大半であり、おまとめローンにそれほど力を入れているわけではありません。
中央リテールはおまとめローンにとても力を入れているので、おまとめローンに対する意気込みが全く違います。

 

 

有資格者が多い

有資格者を、窓口の担当者に配置しています。
窓口の担当者全員が貸金業取扱主任者の資格を持っており、ここまで徹底しているのは中央リテールだけです。
そのため、おまとめローンに対する対応がとても高いといえます。

 

いかがでしたでしょうか。
中央リテールは特殊なおまとめローン消費者金融なので、デメリットが多いと思っている人もいるようです。平たく言うと、多重債務度合いが酷い人向けのおまとめローンです。
複数の多重債務に困っている人は、1度ご相談をしてみるといいでしょう。

中央リテールにはデメリットが多い?どんな貸付条件なの?関連ページ

中央リテールのデメリットとは?
中央リテールのデメリットとは、契約時に来店が必要、他社のクレジットカードの解約が必要となり、追加借り入れが出来ない、また返済方法は振込のみにしか対応しておらず、即日審査とは限らない点。加えて、審査が通らない場合もあり、そもそもメジャーな会社ではない点などです。
中央リテールのデメリット|評判の高い消費者金融?
中央リテールは闇金では無く、正規の消費者金融です。東京都知事に届け出が出ており、日本貸金業会に加盟済みで、日本信用情報機構にも加盟しています。また、相談窓口では、貸金業務取扱責任者の資格を全員が有しており、安心安全に借入相談が出来るのです。
中央リテールデメリット|どんな債務者でも利用できるの?
中央リテールでの利用者は多重債務者しか利用が出来ません。最低でも4件以上の多重債務者専門のおまとめローンなのです。借金を一本化して返済に特化したい人向けと言えるでしょう。その他初めての借金や、急いでお金を工面したい人では審査に通らないので注意です。
中央リテールのデメリット|審査は面倒なの?
中央リテールは、多重債務の状態が良くない方がご利用するおまとめローンです。審査方法では、まずはホームページからの申込み、電話が来た後に仮審査が行われ、その後審査結果の通知が来た後に来店して本審査となります。後に契約し、他社の返済を行うという流れです。